アキバ冥途戦争 第7話 なごみのメイド道

 

なごみ、メイドを辞める

前回、姉妹の契りを結んだメイドねるらさんが殺された事により、なごみが『メイドカフェ とんとことん』を辞めて忍者カフェで『忍者のなごにん』として働いていました。

「本当は忍者なんて楽しくない。本当はメイドをやりたいが、自分が何もできないせいで誰かが死ぬのは嫌だから、メイドはできません。」となごみは嵐子さんに言って、忍者として生きることを決意するのでした。

 

忍者カフェの寮にいる時のなごみの眉毛が作画ミス(?)で変わっていました。

 

 

ねるらさんが残してくれたもの

ねるらさんのご主人様達が『ねるらさんのチェキ』を渡したいとなごみに会いにきました。

ねるらさんがなごみの事をアキバのメイドを変える存在と思っていたことが彼らから伝えられました。

 

傷付いているメイドを元気付けて、大事な写真を贈るご主人様達、かっこいいですね!

 

ねるらさんが撃たれた現場に来たなごみは、ラーメン屋『怒羅磨』の大将と遭遇。大将からラーメンの味に例えて「変わらずにいるために変えなきゃいけないことがある」と諭されて何かを決意したなごみは忍者の修行をしました。

 

 

ケモノ VS エイリアン

メイドカフェ とんとことん』に愛美率いるメイドリアングループがカチコミにきました!

抵抗するも追い詰められていく『とんとことん』の前に『忍者なごにん』が現れました!「忍者が現れた!」と驚くメイドリアン達に「忍者じゃない!メイドだ!!」と言いながらなごみは愛美を強襲!

忍者修行の成果で強くなったメイドのなごみはメイドリアン達を追い詰めていきます。追い詰められた愛美は逃走し、増援を呼ぶため『メイドリアングループ』の代表に連絡をとりますが、『メイドリアングループ』と『ケダモノランドグループ』は合併するため、お前は切り捨てると言われました。

 

愛美は自分を追ってきたなごみと決着をつけるため勝負をしかけます。

 

掌底突き1撃で決着をつけたなごみは、メイドとして生きると愛美に宣言!

何かを感じた愛美は抗争は終わりとどこかへ行きました。

 

 

ケジメ

その後、ケジメとして愛美は『メイドリアングループ』に殺されました。

 

『ケダモノランドグループ』からの不利な要求を、合併に反対する愛美一派『タカ派』が離脱して弱体化した『メイドリアングループ』は飲むしかなく、対等な合併ではない『ケダモノランドグループ』が『メイドリアングループ』を吸収合併するという形になりました。

 

愛美の遺体はドラム缶に詰められ、海に沈められたようです。ずいぶんとタイムリーなシーンになってしまいました。

 

『ケダモノランドグループ』の代表『凪』は、『とんとことん』を消そうとしていますが、オープニングで『とんとことん』のメンバーとともに彼女の目が映るので、最終的には和解しそうです。嵐子さんや現代表と因縁がある人物がラスボスとして登場する予感がします。

 

なごみが忍術を会得しながらも、メイドして復帰することになりました。

時々でいいので、また忍術を披露してほしいですね。

今回の成長したなごみを見て驚いた嵐子さんですが、嵐子さんが驚いた表情をするのは1985年の事件以来かもしれないです。